人気ブログランキング |
最近、中学受験で書くことも
あまりなくなってしまったのと、
このブログがかなりお堅い、
威圧感のある、面白くもないブログだったこともあって
心機一転引っ越しすることにしました。

移転先では、数学と英語の勉強中心に書いていきます
まずは英数を徹底的に先取りして固めます。

NewTreasureと体系数学を極める 
~偏差値38からの受験 中学生活編~

興味のある方はこれからはこちらをよろしくお願いします。

今までありがとうございました。

算数で苦しんでいる子って結構多いと思います。
また、算数を得意としている子も多いです。
算数ほど得手不得手が両極端に分かれている科目はないですよね。
これは算数という科目の誤解からくるものだと思います。

計算力は実際に計算問題を解くことで養われます。
毎日、コツコツと積み上げていくしかありません。

文章問題や図形問題もこれと同じと思っていませんか?
文章問題や図形問題は計算と違って単なる知識問題です。
解き方を知っているか?知らないか?それだけです。

もちろん、一を聞いて十を知るのことわざ通り、
ほんの数問の知識を与えただけで
どんどん類題が解けるようになる子がいたり、
五を聞いて、ようやく十が解けるようになる子がいるといった
個人差はありますが、
単に知識の積み重ねで解けるようになるのは間違いないです。

にもかかわらず、算数をひたすら問題を解くことで
勉強しようとする子どもの多いこと。
いい子ちゃんばかりなのでしょうね。
問題を解く前に解答を見るのはいけない気がするのでしょう。
これでは時間ばかりかかって6年生から
受験勉強開始した場合、
時間切れになるのは目に見えてます。

和田秀樹さんに感化されたわけではありませんが、
算数は暗記です。少なくとも偏差値60未満の学校は
暗記だけで十分乗り切れます。
60以上の学校は暗記+実戦練習が必要ということであって
暗記が必要なのは疑いのないところ。

では、具体的にどうやって暗記するのかということですが、
まずは、予習シリーズ算数5年上下をひたすら読みましょう。
必修例題と応用例題だけで構いません。
最初から普通に読書するように読んでいきます。
予習シリーズの解説だけで分かりにくいのであれば、
無料で予習シリーズ算数の例題を解説してくれているサイト
がありますので、そちらをご利用ください。

ある程度の理解が必要なので
1回目は少し時間がかかると思います。
とはいえ、自分で解くわけではないので
3日から1週間で1冊読み終わると思います。
読み終わったら、また最初から読み始めます。
音読した方がいいですね。
今度は1日で読み終わるでしょう。
こうして、1冊を最初から最後まで読書し続ける。
これを20回くらい繰り返してみましょう。
もちろん、必修例題で、絶対100%解けるよと判断できた
問題は問題にskip印をつけて飛ばしてしまって構いません。
20回といっても、最初の1回も含めて1カ月かかりません。
その問題集読みを終えたころには
例題の問題はもう8~9割解けるようになっているのではないでしょうか?

問題文を読んで、解法が浮かんでくるかどうか
試してみましょう。実際に紙に書いてみてもいいです。
そうして、解けなかった問題だけをチェックし
再度、重点的に読み込みを始めましょう。
そうして、例題を100%できるように仕上げたら
基本問題、練習問題にどんどんチャレンジしてください。
実際に解いてもかまいませんし、
時間がかかるようであれば、
解かずに読み込む方法でも構いません。

数学のできる子と、できない子の差
それは、解法のパターンを多く知っているか知らないかの差です。
うちの子の場合、8カ月という短い時間では、
一通りの解法パターンを身に着けるのがやっとでしたが
それでも、最終的には算数が得意科目となり、
本番でも国語の穴を埋めるほどにまで成長していました。

そうして、予習シリーズの上下が100%マスターできれば、
基本レベル終了です。
ゲームで言えば、コマンドをすべて覚えた状態。
将棋で言えば、駒の動かし方、最低限の定石を覚えた状態。

ここからがレベル上げです。
算数は、かけた時間に比例して成績が上がるといわれています。
1冊終えるごとに偏差値が5~10上がっていくイメージでしょうか。
もちろん、1冊を完璧に仕上げる必要があります。
正答率が95%以上にならない限りは1冊を何十回でもくり返して下さい。

予習シリーズ5年上下の次は予習シリーズ6年上、
プラスワン問題集へとつないでいきます。
この時点で1年くらいかかるでしょうか。
その代り、四谷や日能研での
算数科目別偏差値は60を軽く超えていると思います。
あとは試験まで時間があれば、さらに1冊増やして偏差値65。
さらに増やして70といったところでしょうか。

とにかく算数は
・スタート時期を早く。
・1冊を完璧に仕上げる
・解かずに読むことがメイン
これに尽きます。

算数は頭の良さ、向き不向きでは決してなく、
どれだけ問題の解答パターンに体が慣れているのか
それだけです。

時間のかかる算数は早めに仕上げて
直前期には理社に全力投球しましょう。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックご協力お願いします
by 38karano | 2015-03-15 10:57 | 勉強法
小学校の6年間、中学校の3年間で学ぶことって本当に少ない。
小学校では6年間かかってようやく
小数・分数の掛け算割り算が終わる程度。

中学校でも、公立では検定教科書を使う以上
習う英単語の数は三年間で1500語弱。

それに引き換え、大学入試で必要な英単語の数は約6000~8000語以上。
つまり差し引き4500~6000語を高校の3年間で詰め込まなきゃいけない。
数学も同じ。中学3年間で学ぶ内容量は
高校1年で学ぶ数1Aの内容よりも少ない。

高校は義務教育ではないとはいえ、
これでは高校生になってからの負担があまりにも大きすぎます。
英単語数だけで比べられるものではありませんが、
単純に中学3年間の3倍もの量の英単語を
高校3年間では詰め込まなければいけません。
数学も同じ。
たった3年間ではたいていの子は数1A、数2Bだけで限界でしょう。

そこで中高一貫校では
学ぶことの少ない中学3年間の範囲を
1~2年生の間に全部終わらせて
4~5年がかりで高校範囲をマスターさせようというのです。
中高一貫校が先取り学習をさせているというよりは
歪んだカリキュラムを正常化させてるだけなのです。

公立中学でも自分で先取り学習を
させればいいだけなのでしょうが、
学校の授業が丸々無駄になってしまうのはもったいないです。
公立の中学校では授業が成立していない学校もあるでしょうし。
かといって、授業中に市販の参考書を開いて
内職でもしようものなら、内申書はガタ落ち。
内申書という人質取られてる以上、無茶はできません。

学習指導要領によると、中学3年間で
英語は420時間、数学は385時間の授業があるようです。
この時間を無駄に過ごすことになるのは
本当にもったいないと思います。

高校受験に挑もうとすると
高校3年間で時間が足りないと嘆くことになる。
これを防ぐためには中高一貫校に入るのが最良の道かと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックお願いします
でも、寺子屋方式って結構ツライんですよね。
音読なんて低学年までの勉強ってイメージが強くて
思春期を迎えた子どもは必ず嫌がります。
でもそれは効果が出るまでの話です。
この学習法での成功体験を手にいれれば、
恥ずかしさは気にならなくなるでしょう。

それより問題なのは
わからないことをわからないまま延々と読み続けるところ。
こんなに苦しいことはないです。
ですから子どもと一緒に勉強していく過程で
ここは分かりにくそうだな、
覚えにくそうだなというところは
親がサポートしてあげるのがいいと思います。

くだらない語呂合わせを考えてあげたり、
どこまでわかっていて、どこからがわからないのか
それをはっきりさせるだけでもいい。
親が手をかけたところは
子どもの記憶にも深く刻まれるようです。
息子の場合も、
こちらが適当にその場で考えた語呂合わせを
いつまでもきちんと覚えていました。

また、音声ファイルを作るのもいいですよ。
子どもに自分の声を録音させて、
それを倍速再生させることで、
高速で繰り返させる。
慣れれば2倍速くらいが普通になります。

とにかく、1冊のテキストを最初から最後までを
高速で繰り返せるようにすること。
これがテキスト攻略の近道であると思います。

そのためには、テキストをノートにまとめたり
知識が貯まっていない状態で
問題を解くといった無駄な勉強をするのではなく、
ざっと音読するだけというシンプルな勉強を
繰り返すのがいいのだと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックお願いします
by 38karano | 2015-03-10 23:01 | 勉強法
息子に勉強を教えていて常々感じていることなのですが、
結局、寺子屋方式の勉強法が最強なんだな~。
と思います。

多種多様な形で行われてきたであろう寺子屋ですから
何をもって寺子屋方式とするのかが問題になると思います。
私の思う寺子屋方式の特徴は次の通り。

1・「読み、書き、そろばん」が中核
2・徹底的に手本を読むことで、文の書き方や様々な知識を学ぶ
3・集団授業ではなく、個別に一人ひとりに合わせた手本を与える

江戸時代の儒学者、貝原益軒(大学受験の日本史で出てきたな~。)は
著書、『和俗童子訓』のなかで、

四書を、毎日百字ずつ百回音読して、暗唱し、
空に書き真似をして覚えるのが良い。
字の置き所、助字のある所、昔と変わることなく、
覚え読むべきである。(中略)
四書をそらんじれば、その力で義理に通じ、
もろもろの書物を読むことは簡単になるものである。
また、文章の続き、文字の置き方、助字のある所なども、
よく覚えて理解していれば、
文章を書くのにも助けとなるのである。

と書いています(口語訳済み)。この中で言うところの四書とは、
『論語』や『孟子』、『大学』、『中庸』という儒学書のこと。
もちろん、論語なんて読む必要はありませんが、
これを、中学受験で必要とされるテキストに
置き換えて考えてみてください。

100文字ずつ、100回音読というのは
私的には少し効率が悪い気がするので、
100ページずつ、100日にわたって、
100回音読。慣れれば黙読。
こんな感じになりますね。

例えば、社会で言えば、
メモチェの音読50単元。
見開きで1単元なのでこれで100ページ。
右ページの穴埋め箇所は
正解を埋めておいてくださいね。
これなら1~2カ月で社会の基礎は完成します。

算数も同じ。
毎日50問の問題をくわしい解説ごと音読してしまいましょう。
それをスラスラと文章化できるレベルまで何日も繰り返す。
算数は論理的なつながりがかなりあるので
どの教科よりも、
暗唱しやすいと思います。
以前紹介した、『わんこら式』なんかこのやり方ですね。
予習シリーズの算数5年上下、6年上の3冊の
例題をどんどん音読してしまいましょう。
例題だけを何度も音読するだけなので1冊1~2カ月もあれば
余裕で終わると思います。
これで、入試に必要なパターンは網羅できます。
全ての例題で考えることなく
スラスラと手が動くようになったら
そこで初めて問題演習に進みます。

基礎となる型の練習をしっかり終えた後、
実戦で必要となる臨機応変な戦い方を身に着けるといったところ。

算数は暗記じゃない。思考力の学問だと思っている方多いですよね。
間違っていません。
でも、それは基本的な型の暗記を終えた後でのお話。
基本的な戦いの型も覚えずに、戦場に出されれば、
よほど才能がある者以外は討死します。
当たり前のこと。

少し、話がそれてきたので
寺子屋の話に戻します。

寺子屋では、『論語』や『孟子』の解釈を最初から最後まで
やるなんてことはやってなかったようです。
内容がわかっていようがいまいが、ただひたすら音読。
戦前の外務大臣であった野村吉三郎さんの文章に

「意味も分からぬのに大声を張り上げて素読を丸暗記でやった」

というくだりがあるのですが、
これって結構重要だと思います。
途中、わからないところがあっても
枝葉末節にとらわれず、最後まで通して読むことによって
また、何度も繰り返して読み、暗唱することによって
知識としなさいということなのでしょう。
読書百遍、意自から通ずということわざの通りですね。

最後に明治の文豪、谷崎潤一郎の言葉に
今回のとりとめのない記事の要点が
集約されていますので紹介させていただきますね。

多く読むことも必要でありますが、
無闇に欲張って乱読をせず、
一つのものを繰り返し繰り返し、
暗誦することが出来るくらいに読む。
たまたま意味の分からない個所があっても、
あまりそれにこだわらないで、
漠然と分かった程度にして置いて読む。
そうするうちに次第に感覚が研かれて来て、
名文の味わいが会得されるようになり、
それと同時に、意味の不明であった個所も、
夜がほのぼのと明けるように釈然として来る。
即ち感覚に導かれて、
文章の奥義に悟入するのであります。



なお、今回の記事を書くにあたり
http://www.ondoku.sakura.ne.jp/
の「音読・朗読・表現よみの学校」というHPを大幅に参考にさせていただきましたこと
ここに記させていただきます。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックお願いします
by 38karano | 2015-03-10 21:06 | 勉強法
どこかのお偉い先生方のおかげで
辞書引き学習なんてものが
十年くらい前から流行っていますよね。

付箋の数が多ければ多いほど頭がいいみたいな
馬鹿で無意味な競争。

ああいうのが私は一番キライです。
意味のない勉強、
効率の悪い勉強、
子どもに苦行を強いるだけの勉強
辞書引き学習はこれのすべてに該当します。
小学校1,2年であれば時間は無限にありますし、
反抗もしてきませんから
時間の無駄遣いをするのもいいかもしれませんね。
あくまでお遊びの一つとして。

辞書引けば頭がよくなると思ってる方も多いかと思います。
学校の先生や塾の先生も
「わからない言葉がでてきたら辞書を引きなさい。」
「わからない英単語は予習として辞書を引いてきなさい」
よく言いますよね。

そりゃ、先生のように毎日10時間勉強してきた方なら
そのうちの1時間を辞書引きに費やしてもいいでしょう。
でも、たいていの子は1時間の勉強にも
手を焼くレベルです。
その1時間を辞書引きに費やしてどうなるのでしょう?
私に言わせれば、
その1時間の辞書引き学習は
5分ほどの中身しかありません。

だって、紙をアイウエオ順にペラペラめくることの
どこが勉強なんですか?
ただの作業でしょ。

辞書引くのは最終手段です。
周りに聞く人が誰もいない。
周りが自分よりバカばっかりで全く当てにならない。

こういう時に使うのが辞書。
子どもが「漢字がわからない!」
「言葉の意味が分からない!」
と言い出した時は
親はわかってる範囲で構いませんから
さっさと教えてあげましょう。
辞書を引くはずだった無駄な時間は
その言葉や漢字を覚えるために有効利用できます。
親御さんが自信ないならスマホで
さっと調べてあげてもかまいません。

簡単に教えてしまっては記憶に残らない。とか
自分で調べるのも勉強だ!とか
思ってる人もいるかと思いますが、
あまりに効率が悪い。
同じ言葉を二度、三度調べることってよくあるでしょ。
引いただけで覚えられるわけないのです。

英単語で考えてみればよくわかると思いますが、
英単語の意味を30個調べて、
ノートに書くだけで1時間はかかるでしょう。
もちろん、調べただけでは全く暗記できていません。
翌日には95%は忘れているでしょう。

でも、1時間を英単語の暗記に使っていれば、
20個くらいは英単語覚えられますよね。

これが1年になると、
とんでもない差となって
現れてきます。

無駄な作業に時間を費やして勉強した気になっていませんか?
単語カードに暗記事項を書くだけの勉強や、
分かっている漢字まで
一律、10回ずつ書く漢字練習。
本当に無駄です。
歴史年号暗記カードを手書きで作ると
3日くらいはかかりますかね。
親がパソコンでサッと作ってあげれば、
1時間ほどでできます。
しかも、手書きよりも何倍も綺麗に。
作成にかける3日間で
9割方暗記できるはずなのに。

黒板に先生が書いたまとめを
写して書くだけの授業。
これも全くもって無駄です。
先生が、あらかじめプリントにして配ればいいだけなのに、
わざわざ、ノートに書き写しさせる。
字の綺麗な子はノートを見返すこともあるかと思いますが、
字の汚い子は、ノートなんて二度と見ません。

黒板に書いてたまとめは2種類のプリントにして、
1枚はそのまま授業のまとめ
もう1枚はそのまとめを穴埋め式にして
黒板写しをしていた無駄な時間は、
穴埋め事項を暗記させるのに使わせる。
これこそ、試験に直結する勉強です。

学校の先生であれば、
そんなクソみたいな授業するのもいいでしょう。
公立の小学校の授業というものは
効率を追求するものではありませんし。
でも、塾には高いお金払って通っているのです。
そんなクソ授業されてはたまったもんじゃありません。
プリント配れば済むだけの授業に
何万も払うなんて私には理解できませんし
時間の無駄です。
志望校に合格させるのが塾でしょ。
効率の悪い勉強法を指導してどうするのでしょうか?

そんな塾に行くのなら
市販の教材を音読してるだけの方が
よっぽど効果は高いと私は思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックお願いします
by 38karano | 2015-03-06 06:10 | 勉強法
塾なし受験に挑もうとする人のブログを見てみると、
父子ってパターンが結構多い気がします。

母親よりも、子どもと接する時間が圧倒的に短いはずの
父親がなんで塾なし受験にのめりこむのか。
最近思うのですが、
塾なし受験ってシミュレーションゲームと同じなんです。
男性って、そういうゲーム好きですよね。
戦略を立てて育成、
模試で現時点でのレベル確認。
自分で操作できない不確定な要素をできる限り排除するために
塾に頼らず、自分で教える。
自分の立てた戦略と
塾の指導方針は絶対に完全一致することはないですし、
塾に行くことによって、
いろいろな出会いもありますが、
そのすべてが素晴らしいものとは言い難いですしね。

中学受験が第1ステージで、
高校受験や大学受験が第2ステージ。
もちろん、途中にもいろんな小さなステップが用意されてます。
我が家の中学受験は短期間の勝負でしたので
途中のスモールステップを楽しむことはできませんでしたが、
大学受験までは6年間ありますし、
いろいろ楽しめそうです。

クラスや学年で1番になることだったり、
英検、漢検へのチャレンジ。
模擬試験で高い偏差値を取ることでもいいですね。
反抗期を迎えることも計算しなくてはいけませんし、
恋愛に走ることも考慮に入れないといけません。
何度も戦略を立て直すことになるでしょうし、
途中であきらめてしまうこともあるでしょう。

シミュレーションゲームと違って、
やり直しもききませんが、
成功した時に得るものは果てしなく大きいです。

本当に楽しいですよ。
こんな楽しい経験を塾任せにするなんてもったいないです。
いまは、塾の教材なんかよりも
ずっと優れた市販の教材が書店にズラリと並んでいますし
中学受験のための方法論なんて、
インターネット上にいくらでも転がっています。

教えるのが面倒であれば、
学習プランだけ組んで
あとは、インターネット学習塾にまかせるという方法もありますね。

わざわざ塾になんか行かせなくても
中学受験はできる時代になっているのだと私は思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
バナークリックお願いします
by 38karano | 2015-03-03 21:02 | 勉強法