新小学問題集理科(音声のまとめ1)

理科って、意外と覚えること多いですよね。
習ったことを確実に頭に残していくことができれば、
理科は簡単に点数が取れるようになります。

もちろん、計算問題もありますが、
算数に比べれば、はるかに簡単で単純な問題ばかり。
普通、塾で3年をかけてやることを数カ月でやろうというのですから、
効率よく、復習する方法を考えなければなりません。

使うのは、新小学問題集 理科の
各章冒頭にあるまとめページ。

これをうまく使えれば、そのあとに続く基本問題、標準問題は
ほぼすべて解けます。
発展問題も9割方解けるでしょう。
つまり、これだけ完璧にしてしまえば
試験でも合格点は取れます。

それで、思いついたのが、
まとめのページを音声でさらにまとめることができれば、
短時間で全範囲を復習できるのではないかということ。

でも、私の声で録音していたのでは、息子のテンションも上がりません。
そこで、若干、アニメオタクの気がある息子のために
アニメ声での音声まとめを作りました。
3分冊のうち、1冊目は簡単なので作りませんでしたが、
2冊目、3冊目に関して、すべて重要事項を音声化。
分かりにくいところ、補足が必要なところも、音声にしてまとめました。

これで、2分冊目なら2時間弱で総復習できます。
新小学問題集の理科がないと、
何が何やらって感じになるでしょうが、


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
《ダウンロードした方はクリックしていただければ嬉しいです》

とりあえず、ステージⅡの1章から4章までのまとめ音声は上のリンクからダウンロードできます。
2015年の3月末には消えてしまうようですので、ダウンロードされる場合はお早めに。
ステージⅢの最後まで時期を見てアップロードするつもりです。

さらに効率を上げるために、2倍速の高速音声となっています。
テキストを見ながらであれば、すぐになれることでしょう。

3分冊目は、内容が厚く収録時間はかなり増えましたが、
それでも、3時間。
合計、5時間ほどで理科の総復習ができます。
5時間で総復習できるのであれば、試験までに何度も復習が可能。
記憶は皿回しと同じ。
勢いがなくなる前に、回っている皿に勢いを加え続けて
全ての皿が回っている状態に持って行くのがベストの方法。

退屈な復習を退屈でなくならせる工夫。
子どもが勉強を続けるうえで大切なことだと思います。

[PR]