目的を明確にする

目的、受験生にとって最終目的が志望校合格なのはいうまでもありません。
偏差値を10上げる、組み分けテストで最上位クラスを維持する、
そんな目的を掲げている人も多いと思います。

でも、これは目的というよりも、目標ですね。
目標は掲げていても、目的を考えずに勉強してる子が多いと思います。

具体的に言いますと、たとえば1時間で2ページ勉強するとして、
その2ページ分の問題をどこまで学習するのか。
(1)解いて○×を付けるだけでいいのか?
(2)解いて、解説を読むだけでいいのか?
(3)解いて、解らない問題を明らかにしたうえで、解らない問題を徹底的に暗記するまで繰り返したいのか?
ここのところを明らかにしないで漠然と問題を解いている子が多いと思います。

もちろん、(3)のレベルを目指してるのはいうまでもないのですが、
(1)(2)のレベルで勉強を終えてしまっている子が大半で、
結局、時間かけて問題解いただけで無駄に時間を費やしてしまっています。
これでは無駄が多すぎます。

一度、お子さんの勉強のやり方をチェックしてみてはいかがでしょうか?
答え合わせしたあと、きちんと解説を読み込んでいるのか?
読み込んだ後に問題を解きなおしているのか?
できれば30分~1時間以上時間を開けて解き直ししていると効果が高いです。
さすがに解説読んだ後なら誰でも出来てるでしょうし。

あと、解らない問題を徹底的に暗記させたいのなら
翌朝の復習も必要だと思います。
もう本番まで3カ月を切りましたから、
夜型から朝方に切り替えて、毎朝1時間勉強させるのもいいでしょう。

余程しっかりしたお子さんでない限り
お子さん任せにしていると、無駄が多い勉強になってると思いますよ。
こういったことは塾や家庭教師の先生には手の届かないところです。
親御さんの出番だと思います。

[PR]
by 38karano | 2014-11-05 06:29 | 勉強法