メモリーチェック社会を高速で終わらせる方法!

この時期になると、偏差値65以上の最難関中学を
受験するような子たちを除いて、
社会はメモリーチェックや、四科のまとめ、
コアプラスなどをフル活用しているパターンが多いと思います。

でも、覚えることが多すぎてなかなか先に進まないし、
先に進んでもどんどん前にやったことを忘れるザル状態に
陥っているという悩みを多くの子が抱えています。
特にうちの子のようにこの時期になって
社会、理科を慌てて始めたなんて子はなおさらです。
子どもだけに任せていたら、到底終わりません。お手上げ。

それでも、年内にどうしてもメモチェの内容は頭の中に完璧に叩き込みたい。
とにかく短期間で!!

そこはもう、お父さん、お母さんの出番しかありません。
親バカ過保護っぷりを存分に発揮するところです。
ここでやらなかったらもうお子さんが2月に泣くのは目に見えてます。
でも、受験経験などないし、勉強なんて教えてやれない。
具体的にどうやってやればいいんだよ。
と思ってる親御さん多いですよね。
今日はうちのやり方を公開します。

まず、最新版の『メモリーチェック社会』を2冊用意します。
今なら2014年度版が最新ですね。1冊は親御さん用です。

そして、左側のページはどうでもいいので、
右側の問題ページのみどんどん子どもに解かせます。
解く際ですが、書いていては時間が足りないので、口頭で答えさせます。
隣で親御さんはもう1冊のメモチェと解答を見ながら、
お子さんの解答があっているかをチェック
そして、間違えていたところオレンジのボールペン
親御さん用のメモチェに答えを直接書き込んでください。
メモチェは問題の半分以上が穴埋めなので、
答えの書き込みは簡単なはずです。
これで、お子さん専用間違いノートの完成。

そして、短期間で復習ができるようにさらに加工します。
これも親御さんがやってください。
オレンジの蛍光ペンを用意し、
間違えた箇所引き出すためのキーワードとなる問題文にラインを引いていきます。
たとえば、79ページの公害のところですとこの画像のようになります。

c0337992_08510259.jpg














復習の際にはこのキーワードのみを音読で読ませていくのです。

・水のよごれ⇒瀬戸内海⇒(赤潮発生)⇒養殖業⇒大きな打撃

・農業⇒ゴルフ場⇒使う⇒農薬⇒リンや窒素⇒藻が繁殖⇒水質が悪化⇒(富栄養化)⇒問題

・地盤沈下⇒(地下水)⇒くみあげ⇒兵庫県⇒(尼崎)⇒東京⇒江東区

最低限意味がつながっていけばOK。
このようにキーワードをつなげて音読するだけなら
復習するのに1ページ2分もかかりません。
膨大な地理分野でも1時間強で復習できてしまいます。
3日ほどで1回転できるのでこれを最低10回転くらいさせてください。
10回転目には余裕で答えることができると思います。
自信が持てるようになったページは10回転させなくとも
赤い下敷きを載せて穴埋め箇所を口頭で解答。

ところで左ページはどうするの???という意見も多いと思いますが、
大半が右ページと重複しているということと、
問題形式でないまとめページを暗記するのは辛いだけなので、
右ページだけでは理解が足りないと思ったときに、
補足的に使うだけにとどめました。

この方法は穴埋めとなっていない箇所までも
キーワード音読学習により頭にインプットされてしまうので、
別の角度から問題を出されても答えられるというところが利点。

・農業⇒ゴルフ場⇒使う⇒農薬⇒リンや窒素⇒藻が繁殖⇒水質が悪化⇒(富栄養化)⇒問題 
 
ここでは(富栄養化)が問われていますが、
たとえ(リンや窒素)の部分が穴埋めとなっていても
解答できるようになっているでしょう。

何度も何度も音読させて、短期間で1冊を復習することを何十回も繰り返す!

現在、我が子はようやく地理分野の1回転目が終わり、
高速復習モード突入中です。
とにかく社会の学習法はこれに尽きます。
メモチェが完璧に終わったら、他の問題集で同じように演習を繰り返す、
過去問でもいいですけど、過去問の分量くらいはすぐに終わってしまいますね。
うちの予定ではメモチェ、第1~3志望校の過去問、
そのほかの問題集1~2冊をこの方法で回す予定です。
そのほかの問題集まで手が回ればいいのですが…。

[PR]