アプリで覚える

ゲームやスマホやタブレット大好きなうちの子ですが、
たとえ、勉強させられてようと、そういった機械を触っているだけで楽しいみたいです。

そういうお子さんにアプリで暗記させるのはいかがでしょうか?
無味乾燥で苦痛しかない暗記作業が、ゲーム感覚で
しかも効率よく進めることができます。

疲れているときや、やる気がなかなか出ないときでも
息抜きがてらやってくれてます。

1日100個くらいの暗記事項はすぐに覚えられるみたいですよ。
もちろん、翌日には忘れてしまうものもかなりあるとは思いますが、
翌日にも復習させれば、定着率はかなり高くなると思います。

androidアプリですと、
・i暗記
・anki
・Flashcards Deluxe
・zuknow
このあたりが定番の単語帳ソフト。

うちの子が使っているのはi暗記ですが、
4つとも体験してみて、画面がいちばん取っつきやすく
覚えたカードは上にスワイプ。覚えてないものは下にという
操作性が気に入ったみたいです。

問題点といえば、肝心のカード作りがメンドクサイこと。
でも、紙単語帳を作るよりははるかに楽ですし、
暗記効率がいいです。
画像を取り扱うこともできるので、
星座や地理の暗記にはもってこいかと。

c0337992_06234553.jpg

これは昨日私が作ったカードですが、
画像を見て、この星座の名前、見ることのできる季節を答えるというもの
一度画面をタップするだけで裏面の解答画面になり、
覚えていればそのまま上にカードをスワイプ、間違えば下にというもの。
全てのカードを上にスワイプできるまで繰り返されます。

画像や問題のデータはネット中をさがせばいくらでも手に入ります。
作ったカードは非公開にし、自分で使っている分には咎められる心配もありません。
SAPIXのコアプラスぐらいの量はすぐに暗記できてしまいます。
データ化することができればですけど…。

そこは親の役目!代わりに受験することも、
代わりに暗記してあげることもできないのですから
せめてカード作りぐらいはしてあげましょう。

お金払うだけで、やることやってると思ってる親御さんいるとおもいますが、
塾に行かせてるだけでは成績なんてあがりません。
おいしいお弁当作りに精を出すよりも、フラッシュカード作りに精を出しましょう。




10/7 今日の進行具合

・社会
 「メモリーチェック」 No.25.26.27 

・理科
 「新 小学問題集 中学入試編Ⅰ」P130~P135
   星座の形や星の名前は受験で出題されるのはせいぜい30個ほど。
  特に夏の大三角形、冬の大三角形が頻出。これだけ覚えれば簡単に点が取れるのに、
  星の分野を苦手にし、全く勉強しようともしなかった30年前の私の中学受験時代…。

・国語
 「3ステップでわかる文章読解」P98~P101
   いまだに一文を抜き出せという問題で、句点から句点ではなく、読点から句点までを
  抜き出すミスをやらかす。頭では、わかっているのに、解いているときには忘れるみたい。
  問題演習を通して、体にしみこませていくしかない。

 今日は算数ができませんでした。
 息子の体調が悪いみたいだったので、理科終了時点で寝かせることに。

[PR]
by 38karano | 2014-10-07 23:47 | 勉強法